なんどめ

身近で大切な人の役に立ちたいのに、できなくて
無力さの前に、膝をついて呆然となる
ごめん、ごめん、そう思ってたら目を合わせられなくなって、会話が続かなくて
そうして溝ができてしまう


なんどめ、なんどめ、


もう繰り返したくなくて
でもくい止めることすらもできなくて

22歳、もう22歳なのになにもできないんだよな
誰の力にもなれない
サボってるつもりはないのに

あと何回こんな気持ちになるんだろう
もう、こないでくれ


ねぎぼうず